展覧会のご案内

あやしの俳諧

ポスター(HP).jpg

怪異ブームの巻き起こった江戸時代、妖怪や幽霊などの化け物たちは、俳諧の世界でも大活躍しました。
本展ではそうした「あやしの俳諧」を一挙にご紹介いたします。おそろしく、美しく、ときに滑稽に詠まれた、俳人たちの愛する「あやかし」の姿を、どうぞお楽しみください。

会期

  • 平成29年7月8日(土)~8月27日(日)
  • 月曜日休館。ただし月曜日祝日の場合は開館、翌火曜日閉館
  • 開 館 時 間  午前10時〜午後6時(ただし入館は午後5時30分まで)

主な出品資料

  • 西鶴自画賛十二ヵ月より「九月」(柿衞文庫蔵)
  • 樗良自画賛巻(柿衞文庫蔵)
  • 蕪村妖怪絵巻(複製)(柿衞文庫蔵)
  • 義董筆釣狐図(柿衞文庫蔵)

観覧料

  • 一般200(160)円
  • 大高生100(80)円
  • 中小生50(40)円
  • ※( )内は20名以上の団体割引料金



ページの上へ