也雲軒俳句塾

第27回鬼貫顕彰俳句 小学校・中学校・高等学校の部 受賞者決定

柿衞文庫、也雲軒では、平成3年より郷土伊丹が生んだ偉大な俳人鬼貫(おにつら)を顕彰するため、伊丹市内の小学校・中学校・高等学校を中心に俳句を募集しています。本年度は、小学校低学年の部・小学校高学年の部・中学校の部・高等学校の部の4部門において、鬼貫賞4句、佳作40句、入選168句が決定しました。

第27回目の本年は、伊丹市内外から17,907句の応募があり、伊丹市立南小学校の井上真季先生、伊丹市立伊丹特別支援学校の玉眞敦子先生、伊丹市立北中学校の朝井満理奈先生、伊丹市立南中学校の武田烈幸先生、および柿衞文庫也雲軒塾頭の坪内稔典先生に選考をいただきました。

鬼貫賞の受賞者と受賞句は次のとおりです。

【小学校低学年の部】

宮平陽葵さん 伊丹市立昆陽里小学校3年生

「ころがしてあそびたいなあはるのつき」

【小学校高学年の部】

朝倉結愛さん 伊丹市立鴻池小学校6年生

「さくさくとくつの底から霜の声」

【中学校の部】

岡本陸大さん 伊丹市立笹原中学校1年生

「古傷が痛んでしまいカタツムリ」

【高等学校の部】

新井鈴乃さん 兵庫県立伊丹北高等学校1年生

「ゆれ動く私のこころしんきろう」


ページの上へ