催し物のご案内

柿衞忌を開催します

柿若葉の美しいこの季節、恒例の柿衞忌を開催いたします。

当文庫の創設者である亡き岡田柿衞翁をしのびつつ、その翁の業績を永く顕彰するために設けられた「柿衞賞(かきもりしょう―新進俳文学研究者への奨励賞)」につきましては、第27回となる本年は該当者が選出されないという残念な結果になりました。
そこで、今回は、柿衞賞の受賞者にして、現柿衞賞選考委員の先生方に、柿衞賞を受賞されてからのご研究のあゆみについてご講演賜り、俳文学研究の最前線を知る一日といたしたく存じます。 みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

  • 日時   平成30年6月3日(日)午後1時30分~3時30分
  • 場所   柿衞文庫講座室
  • 聴講料  無料
  • 式次第
    • 黙祷―柿衞翁をしのぶ

    • 柿衞賞選考結果の報告 選考委員代表 京都府立大学教授 母利司朗氏

    • 選考委員の先生方によるご講演―柿衞賞を受賞して―

      「柿衞賞から西山宗因全集への道のり」
      山口大学准教授 尾崎千佳氏(第9回受賞)

    • 「才麿・淡々・蕪村―旅・人・画―」
       聖心女子大学教授 深沢了子氏(第11回受賞)

なお、当日は山中宗鹿社中による呈茶も行います。

 小企画展「手紙シリーズⅤ 松永貞徳とその周辺」も開催中ですので、みなさまお誘い合わせの上、ぜひご来館ください。


ページの上へ