展覧会のお知らせ

伊丹と近代の俳人たちー鬼貫(おにつら)をめぐって

蕪村筆俳仙群会図より鬼貫の肖像画.jpg

高浜虚子や河東碧梧桐などの近代の俳人たちが伊丹を訪れたエピソードや、江戸初期に活躍した俳人鬼貫にまつわる近代俳人たちを紹介します。

会期

  • 平成30年8月11日(土・祝)~9月24日(月・振休)
  • 月曜日休館(祝日の場合は開館。翌火曜日休館)
  • 開 館 時 間  午前10時〜午後6時(ただし入館は午後5時30分まで)

主な出品資料

  • 鬼貫筆「にょっぽりと」句一行物(柿衞文庫蔵)
  • 高浜虚子筆「秋日和」句画賛 下村為山画ヘチマ図(柿衞文庫蔵)
  • 河東碧梧桐筆「鬼貫忌」句短冊(柿衞文庫蔵)
  • 岡田柿衞筆「蜻蛉の」句一行物(柿衞文庫蔵)
  • 松瀬青々筆「酒壷に」句幅(柿衞文庫蔵)
  • 青木月斗筆「桜鯛」句幅(柿衞文庫蔵)

観覧料

  • 一般200(160)円
  • 大高生100(80)円
  • 中小生50(40)円
  • ※( )内は20名以上の団体割引料金



ページの上へ