展覧会のご案内

秋季特別展 開館35周年記念「蕪村の手紙」(2019.9.7~10.20)

秋季特別展 開館35周年記念「蕪村の手紙」展チラシ

画人として、俳人として、現代の私たちも愛してやまない作品の数々を生み出した蕪村。柿衞翁も鬼貫・芭蕉に並ぶテーマとして蕪村に注目し、資料の収集と研究につとめました。著書『俳画の美 蕪村・月渓』(昭和48年)は、俳諧と画業の両面から蕪村を追究した柿衞翁の研究の集大成です。

そうした蕪村の魅力を語るうえで欠かせないのが手紙です。独特の肉厚の文字で綴られる一通の手紙には、一編の物語を読むような楽しさがあります。夜半亭一門を率いる宗匠として句会に出たり、あるいは絵師として絵の注文に応じたりと、忙しい日々を送る仕事人としての蕪村。いっぽう、家族の生活を支え、一人娘の嫁入りに気をもむ家庭人としての蕪村。手紙の行間に、人間蕪村がさまざまな表情をのぞかせます。

蕪村の手紙展の第一弾となる本年は、手紙を中心に、初公開資料や画・俳の名品を交えた約75点を紹介します。

筆跡に蕪村の息遣いを感じながら、その生涯の足跡をともにたどってみませんか。

*会期中、一部展示替を行います。(前期9月7日~9月29日、後期10月1日~10月20日)

主な出品作品

  • 蕪村筆「又平に」句自画賛 (公益財団法人阪急文化財団 逸翁美術館蔵)
  • 蕪村筆北風来屯あて書簡 安永七年七月五日付 (天理大学附属天理図書館蔵)
  • 蕪村筆大魯あて書簡 安永三年九月二十三日付 (公益財団法人阪急文化財団 逸翁美術館蔵)
  • 蕪村筆天狗自画賛 (公益財団法人野村文華財団 野村美術館蔵)
  • 蕪村筆「花すすき」句自画賛 弁慶図 (個人蔵)
  • 蕪村筆夏谿訪友図 (個人蔵)
  • 蕪村筆几董あて書簡 天明三年十一月十日付 (柿衞文庫蔵)    など

会期

  • 令和元年9月7日(土)~10月20日(日)
  • 月曜日休館(ただし月曜祝日の場合は開館。翌火曜休館)
  • 開 館 時 間  午前10時〜午後6時(ただし入館は午後5時30分まで)

観覧料

  • 一般700(600)円
  • 大高生450(350)円
  • 中小生350(250)円
  • ※( )内は20名以上の団体割引料金


記念講演会

  • 「与謝蕪村の画業」

京都国立博物館館長 佐々木 丞平氏
10月5日(土) 午後2時~3時30分

要申込 
事前に柿衞文庫にお申込ください(電話可)»

<受講料>
一般1000円 、大高生500円、友の会会員無料 定員100名


展覧会関連講座

  • 「蕪村の文字の新しさ」

書家・京都精華大学客員教授 石川 九楊氏
9月20日(金) 午後2時~3時30分

  • 「蕪村の魅力の再発見」

佐賀大学名誉教授 田中 道雄氏
9月22日(日) 午後2時~3時30分

いずれの講座も、事前に柿衞文庫にお申込ください(電話可)»

<受講料>
各回/一般1,500円 ・大高生1,000円(当日観覧券付)、友の会会員500円 定員100名


スライドトーク

  • 担当学芸員による見どころ解説(要申込・聴講無料)

9月26日(木) 午後2時~3時