かきもりニュース

第11回桂信子賞に瀬戸内寂聴氏と神野紗希氏!

句作や評論で優れた活動をした女性俳人を表彰する第11回桂信子賞の受賞者は、瀬戸内寂聴氏と神野紗希氏のお二人に決定しました。

俳句創作に加え、地道な研究活動を怠らなかった女性俳人 桂信子(かつらのぶこ)の関係資料は、平成17年11月3日柿衞文庫に寄贈され、俳句資料室が開室しました。平成21年、その開室3周年と柿衞文庫開館25周年を記念して、ここに、桂信子を顕彰し、女性俳人の活動のさらなる発展を願って、桂信子賞を制定する次第となりました。第11回目の授賞式を下記のとおり行いますので、ご参加を賜りますようにご案内申し上げます。(受賞者の瀬戸内寂聴様はご欠席となりますのでお知らせいたします。)

  • 1、日時  令和2年1月19日(日)午後1時30分より
  • 2、場所  柿衞文庫 講座室
  • 3、式次第
  •    ○ 選考経過報告(宇多喜代子・黒田杏子・寺井谷子・西村和子各委員)

       ○ 授賞式

       ○ 瀬戸内寂聴氏の受賞メッセージ

       ○ 神野紗希氏の受賞講演

  • 4、参加  聴講無料 当日受付(定員100名・先着順)

瀬戸内寂聴(せとうちじゃくちょう)

1922年徳島県生まれ。1943年東京女子大学国語専攻科卒業。1957年『女子大生 曲愛玲』で新潮社同人雑誌賞を受賞後、1961年『田村俊子』で田村俊子賞を1963年『夏の終り』で女流文学賞を受賞し、作家としての地位を確立する。1973年中尊寺で得度、法名「寂聴」(出家前の名は晴美)。翌年京都嵯峨野に寂庵を結ぶ。出家後も旺盛な創作活動を続け、1992年『花に問え』で谷崎潤一郎賞受賞、1996年『白道』で芸術選奨文部大臣賞、2001年『場所』で野間文芸賞受賞、2006年には文化勲章を受賞した。同年イタリア国際ノニーノ賞受賞、2011年『風景』で泉鏡花賞受賞するなど発表した作品は、国内外で高く評価されている。2018年第一句集『ひとり』で星野立子賞受賞。

神野紗希(こうのさき)

1983年愛媛県松山市生まれ。高校時代、俳句甲子園をきっかけに俳句を始める。2002年第一回芝不器男俳句新人賞坪内稔典奨励賞受賞。2004年から2010年までの6年間、NHK-BS「俳句王国」の司会を、2013年度にEテレ「俳句さく咲く!」の選者をつとめる。明治大学・聖心女子大学講師。現代俳句協会青年部長。お茶の水女子大学大学院博士後期課程修了。句集に『星の地図』、『光まみれの蜂』、2018年著書『日めくり子規・漱石 俳句でめぐる365日』で第34回愛媛出版文化賞大賞受賞。『もう泣かない電気毛布は裏切らない』、『女の俳句』、『30日のドリル式 初心者にやさしい俳句の練習帳』など著書多数。

桂信子(かつらのぶこ)

1914年大阪市生まれ。大阪府立大手前高等女学校(府立大手前高等学校)卒。1938年、日野草城主宰「旗艦」に投句。1946年、創刊の「まるめろ」に山口誓子の『激浪』ノートを連載。1954年、「女性俳句会」創立、発起人となる。1970年、俳誌「草苑」を創刊、主宰。新興俳句出身の数少ない女性俳人。1977年、第一回現代俳句女流賞受賞。1992年蛇笏賞受賞。1994年勲四等瑞宝章受章。ほか。句集は、1949年第一句集『月光抄』、1955年第二句集『女身』、1967年第三句集『晩春』ほか第10句集まで刊行。2004年逝去。享年90歳。


ページの上へ