かきもりニュース

「伊丹一句(19)の日」令和2年1~3月分結果発表

 たくさんの投句をありがとうございました!
 伊丹一句(19)の日は毎月19~21日に実施していますので、どなたでも気軽に投句してください!
(伊丹一句(19)の日詳細はこちら)


【令和2年1月分】


投句総数:745句

特選
抽選はあたらないけどちょっと春    兵庫県尼崎市 よしだ 芳子


(選評)ちょっと春だ、と思う感覚がいいなあ。この句の主人公、抽選などにいつもはずれてばかりだけど、でも前向き。「ちょっと」という日常がちょっとした宝物のように光っている。(坪内稔典)


入選
仕事始め先づは金魚に「おめでたう」   京都府京都市 井尻 妙子
しゃぼん玉割ったのは誰春の風   伊丹市立天王寺川中 今北 萌衣
初晴やバスケコートに弾む声   鹿児島県鹿児島市 北薗 敬
年頭の目標宇宙人になる   大阪府池田市 鈴木 寿子
校長の車にふたつ雪だるま   大阪府箕面市 高橋 真美
大寒の少しいびつな塩むすび   兵庫県宝塚市 武田 奈々
紙袋破れて覗く葱二本   福岡県福岡市 平川 直子
すっぴんの言葉こつんと冬銀河   兵庫県宝塚市 吉藤 美也子
セーターからボロボロあふれる石ころが   伊丹市立松崎中学校 連田 承太郎


【令和2年2月分】


投句総数:740句

特選
おとしだまずっとあずかるおかあさん    伊丹市立鴻池小 寺井 惺大


(選評)「ずっとあずかる」という表現が複雑、微妙、なんだかおかしい。お母さんに抗議したい気持ちがあるのだけど、事情をあれこれ思って、表だっては抗議しないのだ。その子心、いいなあ。(坪内稔典)


入選
一つづつ摘みたいような猫柳   兵庫県西宮市 奥 喜代孝
野水仙まつすぐに挿す母でした   大阪府 カナッペ
縮れ麺縮れたままに浅き春   兵庫県伊丹市 近藤 千草
水温むいいえ私はいかり肩   兵庫県伊丹市 平 きみえ
ご自由にお取り下さい春の鬱   大阪府箕面市 高橋 真美
春なのに病恐れて街や静   高知県須崎市 野中 泰佑
よく喋る母に似ている寒木瓜や   福岡県福岡市 平川 直子
如月の猫の飛び出す佛壇屋   兵庫県伊丹市 屋部 きよみ
うかぶたこめざすところは雲の上   伊丹市立鴻池小学校 和田 龍真


【令和2年3月分】


投句総数:213句

特選
十代の君の体温草若葉    大阪府池田市 鈴木 寿子


(選評)握手、ハグ、あるいは介護されているとき、十代の体温を感じたのだ。草若葉の頃に。その体温も草若葉に似ていた。すがすがしくて快い作品だ。(坪内稔典)


入選
子の手からくるりと逃げる吊るし雛   兵庫県伊丹市 金子 友美
静かなる息となりゆく種選   愛媛県西条市 砂山 恵子
耳たぶをたぷりかぷりと弥生かな   富山県南砺市 珠凪 夕波
雪解けや牧舎に太き温度計   兵庫県伊丹市 中島 あつ子
眼ぢからの弱き力士や大マスク   大阪府南河内郡太子町 松井 けい子
亀鳴くや電池入れ替え電子辞書   兵庫県伊丹市 宮永 沙織
鉛筆を研いで春昼もてあそぶ   兵庫県伊丹市 諸富 千歳
四股踏んで天保山も三月も   兵庫県宝塚市 吉藤 美也子
花の窓家族みんなで歯を磨く   栃木県栃木市 渡辺 輝夫



※入賞者には、投句時にご記入いただいたご連絡先に柿衞文庫よりご連絡させていただいております。 まだ連絡がない場合は、何らかのエラーが考えられますので、お手数ですが柿衞文庫までご連絡ください。

ページの上へ