展覧会のご案内

特別展「蕪村の手紙Ⅱ」

一通の蕪村の手紙には、一編の物語を読むような愉しさがあります。俳諧・画業、そして家族や仲間への思い...。飾らぬ言葉で綴った手紙の数々を蕪村独特の温かみのある筆蹟とともに楽しむ展覧会です。 2019年開催の「蕪村の手紙」展の第2弾となる本展は、蕪村の生涯における様々なシーンを伝える56点の手紙を中心に、絵画や遺墨、さらに几董・月渓など蕪村をめぐる人々の作品を加えた約130点を展覧します。また、何度でも見たい画俳の名品はもちろん、蕪村の新たな一面を伝える資料も公開します。 筆づかいはそのままに、蕪村その人の息づかいを伝えます。ある時は大胆に、またある時は繊細な筆づかいに導かれながら、蕪村の紡ぎだす豊かな世界に訪ね入ってみませんか。

【会期】


2022年9月10日(土)〜11月6日(日)

前期:9月10日(土)〜10月2日(日)

後期:10月6日(木)〜11月6日(日)



【会場】


市立伊丹ミュージアム 展示室1・2

住所:〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20

TEL:072-772-5959



【開館時間】


10:00~18:00(入館は17:30まで)



【休館日】


毎週月曜日(ただし9月19日・10月10日の祝日は開館、翌平日振替休館)

※前期と後期で大幅な展示替えを行うため、10月3日(月)~5日(水)は展示を休止いたします。お出かけの際はご注意ください。



【入館料】


  • 一般800(700)円
  • 大高生600(550)円
  • 中小生450(350)円
  • *( )内は20名以上の団体料金

    *兵庫県内の小中学生はココロンカード提示にて無料

    *伊丹市内在住の高齢者割引有(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)



    【主催】


    市立伊丹ミュージアム[伊丹ミュージアム運営共同事業体/伊丹市]




    【記念講演会】


    「手紙の中の蕪村」

    日時:2022年10月2日(日)14:00~15:30(開場13:30予定)

    会場:市立伊丹ミュージアム1階講座室

    出演:中野沙惠 氏(聖徳大学名誉教授)

    定員:100名(要申込み・先着順)

    料金:一般1,000円、大高・友の会会員500円

    申込み:電話(072-772-5959)にて受付中




    【関連講座】


    ①「蕪村の俳画を楽しむ」

    日時:2022年9月19日(月・祝)14:00~15:30(開場13:30予定)

    ※台風14号の影響により開催日を2022年9月23日(金・祝) 14:00~15:30(開場13:30予定)に変更いたします。

    会場:市立伊丹ミュージアム1階講座室

    出演:戸田勝久 氏(画家)

    定員:100名(要申込み・先着順)

    料金:一般1,500円、大高・友の会会員1,000円

    申込み:電話(072-772-5959)にて受付中




    ②「菫とぺんぺん草」

    日時:2022年10月15日(土)14:00~15:30(開場13:30予定)

    会場:市立伊丹ミュージアム1階講座室

    出演:西村和子 氏(俳人協会常務理事)

    定員:100名(要申込み・先着順)

    料金:一般1,500円、大高・友の会会員1,000円

    申込み:電話(072-772-5959)にて受付中




    【関連イベント】


    柿観会スペシャル 鼎談「蕪村を楽しむ-手紙と絵と俳句と」

    日時:2022年11月3日(木・祝)13:30~15:30(開場13:00予定)

    会場:市立伊丹ミュージアム1階講座室

    出演:内藤美穂 氏(日本絵手紙協会公認講師)

        藤田真一 氏(関西大学名誉教授)

        坪内稔典(市立伊丹ミュージアム名誉館長・柿衞文庫理事長)

    定員:100名(要申込み・先着順)

    料金:一般1,000円、大高・友の会会員500円

    申込み:電話(072-772-5959)にて受付中




    ※ご来館にあたって事前予約は必要ありませんが、混雑時は人数制限を設け、しばらくお待ちいただく場合がございます。

    ※その他詳細につきましては、市立伊丹ミュージアムホームページを合わせてご覧ください。


    ページの上へ