みやのまえ文化郷のご案内

平面図

 みやのまえ文化の郷は、美術館、工芸センター、伊丹郷町館(旧岡田家酒蔵、旧石橋家住宅、新町家をいう)に(公財)柿衞文庫を加えた文化ゾーンの愛称です。各館の行う展示事業や各種講座、イベントなどへ気軽にご参加下さい。また、江戸時代の商家や酒蔵の文化財と日本庭園も常時公開しております。
 皆様のご来館を、お待ちしております。


旧岡田家酒蔵

旧岡田家住宅

江戸時代の延宝2年(1674)に建てられた町屋で、建立当初から酒造業を営んでいました。岡田家の所有となったのは明治33年。店舗は、兵庫県内に現存する最古の町屋で、年代が確実な17世紀の町屋としては全国的にも貴重。酒蔵は、現存する最古の酒蔵で、江戸時代に隆盛を極めた伊丹の酒造業の歴史を今に伝える重要な文化財です。平成4年1月21日、国の重要文化財に指定されました。
内部では伊丹の酒造業の歴史の展示を行っています。


旧石橋家住宅

旧石橋家住宅

江戸時代後期に建てられた商家。主屋の正面はつし2階の塗り込めの軒裏と虫籠(むしこ)窓、出格子窓、正面中央の摺(す)り揚げ大戸の出入口装置やバッタリ床几(しょうぎ)、揚見世(あげみせ)など、建設当初の店構えを残していることから、平成13年に県指定文化財になりました。石橋家は、18世紀に猪名野神社の門前通り北少路村に移り住んで商売を始め、明治以降、紙と金物の小売業のかたわらに酒造業を始め、日用品の雑貨商を営んでいました。


新町家・伊丹市立工芸センター

新町家・伊丹市立工芸センター

全国的にも珍しい公立の工芸(クラフト)振興施設。日本唯一の国際公募展である「伊丹国際クラフト展」をはじめ、国内外の作家による機能的・デザイン的に優れた工芸品を紹介する企画展を開催。各種工芸講座、講演会なども行っています。


伊丹市立美術館

伊丹市立美術館

「諷刺とユーモア」をコンセプトに、18世紀イギリスから現在へといたる近・現代諷刺画を主に蒐集し、約6,800点の作品を収蔵しています。なかでも19世紀フランス美術を代表する作家のひとり、オノレ・ドーミエのコレクション(2,000点を超える諷刺画をはじめ彫刻・油彩等)は、日本国内はもちろん、世界的にも有数の規模を誇っています。
収蔵品による所蔵品展のほか他館があまり取りあげぬ異色の企画展を意欲的に開催、このほか講座や講演会、ワークショップなども随時行っています。


公益財団法人柿衞文庫

公益財団法人柿衞文庫

清酒醸造で栄えた江戸期の伊丹では、俳諧文化が華開き、文人墨客(ぶんじんぼっかく)の往来も頻繁でした。この中で蓄積された文化遺産に故・岡田利兵衞氏(俳号・柿衞)の系統的な収集を加えて発足したのが公益財団法人柿衞文庫です。収蔵品は書籍や軸物、短冊などの貴重な資料約9500点を数え、東京大学総合図書館の「洒竹・竹冷(しゃちく・ちくれい)文庫」、天理大学附属天理図書館の「綿屋文庫」と並ぶ日本3大俳諧コレクションの1つです。


ページの上へ