柿衞文庫展覧会のご案内

柿衞(かきもり)さんの中学時代(2019.4.6~5.26)

柿衞文庫創設者岡田利兵衞の学生時代を直筆資料などでご紹介します

芭蕉・蕪村ー岡田彰子コレクションに見る(2019.6.1~6.30)

父岡田利兵衞の研究姿勢を受け継ぎ、蕪村筆蹟研究の礎を築きあげた俳文学者岡田彰子氏(1930~2018)のコレクションの中から、芭蕉・蕪村を中心に紹介します。

伊丹が生んだ俳人 鬼貫(おにつら)(2019.7.6~8.25)

郷土伊丹の俳人である鬼貫は、柿衞翁の俳諧研究および資料収集の出発点となった俳人です。伊丹へのゆるぎない郷土愛を持ち続けた柿衞翁が顕彰に尽力した鬼貫の直筆作品をとおして、その人となりをご紹介します。

秋季特別展「開館35周年記念 蕪村の手紙」(2019.9.7~10.20)

蕪村の手紙を中心に、画俳の名品を交えて蕪村の生涯と作品を紹介します。ぜひじっくりと蕪村の魅力をご堪能ください。

生誕150年 松瀬青々(2019.11.2~12.15)

正岡子規に師事し、雑誌「ホトトギス」の編集にも携わった俳人・松瀬青々の作品を紹介します。

鬼貫顕彰俳句 伊丹っ子作品展(2019.12.17~12.22)

柿衞文庫主催の鬼貫顕彰俳句大会(小学校・中学校・高等学校の部)の受賞者による句に絵を添えた色紙作品を展示します。

新春特別展 開館35周年記念 柿衞文庫 珠玉の名品(2020.1.18~3.1)

柿衞文庫所蔵のコレクションの中から、芭蕉筆「ふる池や」句短冊をはじめとする珠玉の名品の数々を一堂に展示します。開館35周年を迎えた柿衞文庫の収蔵品をとおして、俳諧・俳句の魅力に触れていただく機会になりましたら幸いです。

ページの上へ