かきもりニュース

初公開 智月あて芭蕉の書簡について

新出の智月あて芭蕉書簡(個人蔵)を特別展「芭蕉の手紙」(10月6日~11月11日)で初公開します。


第28回鬼貫顕彰俳句 小学校・中学校・高等学校の部 受賞者決定

柿衞文庫、也雲軒では、平成3年より郷土伊丹が生んだ偉大な俳人鬼貫(おにつら)を顕彰するため、伊丹市内の小学校・中学校・高等学校を中心に俳句を募集しています。本年度は、小学校低学年の部・小学校高学年の部・中学校の部・高等学校の部の4部門において、鬼貫賞4句、佳作40句、入選160句が決定しました。


第15回鬼貫青春俳句大賞募集【2018年11月15日(木)必着】

芭蕉(ばしょう)とほぼ同じ時代を生きた郷土伊丹の俳人 上島鬼貫(うえしまおにつら)は10代からさかんに俳句を作り、自由活発な伊丹風の俳句をリードしました。そこで、柿衞文庫では、今日の若い俳人の登竜門となるべく「鬼貫青春俳句大賞」を2004年から募集し、今年で15年目を迎えます。一昨年からは、10代のかたを対象にした敢闘賞を新設し、高校生からのご応募も増えています。今年も若い世代の皆さんの意欲的な作品をお待ちしています。


第9回桂信子賞に恩田侑布子氏!

俳句創作に加え、地道な研究活動を怠らなかった女性俳人 桂信子(かつらのぶこ)の関係資料は、平成17年11月3日柿衞文庫に寄贈され、俳句資料室が開室しました。平成21年、その開室3周年と柿衞文庫開館25周年を記念して、ここに、桂信子を顕彰し、女性俳人の活動のさらなる発展を願って、桂信子賞を制定する次第となりました。


第14回鬼貫青春俳句大賞に茨城県の田中大河さん

15歳以上30歳未満(1988年生まれから2002年生まれ)の若手俳人の発掘、登竜門として、柿衞文庫の開館20周年を記念し、平成16年に設けられた「鬼貫青春俳句大賞」。第14回目をむかえる本年の大賞、優秀賞、敢闘賞が12月16日に決定しました。


ページの上へ